記事一覧

今年もCEATEC JAPANに出展いたします。

ファイル 52-1.jpg
ファイル 52-2.jpg
ファイル 52-3.jpg
ファイル 52-4.jpg

パスワード(ゼビ語)を忘れて2年近く放置していた開発ブログですが、メモ(ダメ)が見つかったのでお知らせいたします。

今年も幕張で行われるCEATEC JAPANに電波新聞社と共に出展いたします。

主な展示内容は、

小型キャプチャーユニット・XCAPTURE-MINI

4K/3D/EDIDコントロール対応のインテリジェントHDMI分配器・ROOTY HD SP2PRO

既存キャプチャー製品の新機能ソフトウェア

の3本を予定しております。

それでは来月幕張に来てくださいね~。

ンガフッフ

良いお年を!

ファイル 51-1.jpg
ファイル 51-2.jpg
ファイル 51-3.jpg
ファイル 51-4.jpg
ファイル 51-5.jpg

ご無沙汰している間に、今年も残りわずかとなってしまいました。

2012年はマイコンソフトにとって、また私個人にとっても、良い事もあり悪い事もあり、大きな転機とも言える年になりました。
それでも、充実した良い一年だったと振り返る事ができるのも、皆様のご愛顧のお蔭です。ありがとうございました。

良い事も悪い事もここでは書けないので、来年発売予定の製品情報をチョコっと載せて、ご挨拶とさせていただきます。

比較的順調な「XAC-1」は、ほぼ最終サンプルも仕上がり、今までとは全く異なる質量の製品に備えて、物流関係の準備が整い次第、受注開始いたします。
価格はなんとか、5万円台+送料を実現できそうな見込みです。

CEATEC等で発表したとおり、組立式、モニター台はエアダンパー入りで軽々と高さ調整、左右へのローテート機構で、どちらの方向でも縦画面にすることが可能です。

仕様面でもCEATEC発表時点より若干修正されており、コンパネ部分を少し高く、キャスターの強度をアップさせています。
オプションの某シティ準拠コンパネ板には、新たに小ボタン穴を追加し、クレジットスイッチ等に使用いただけます。

「SC-512N1-L/DVI」、「XCAPTURE-1」のキャプチャー製品は、ソフトウェア(共通)の開発が遅れており、発売は春頃となりそうです。

某CDのパワ…(略)のようにならないように、誠心誠意頑張っておりますので、2013年もマイコンソフトをよろしくお願い申し上げます。

CEATEC2012終了!

ファイル 50-1.jpg
ファイル 50-2.jpg
ファイル 50-3.jpg

CEATEC JAPAN 2012に出品させていただいた、キャプチャー新製品、ゲーム机・XAC-1、その他のXなんたら1、いつになく好評のうちに無事に終了いたしました!

これも期間中ご来場いただいた皆様、そして各メディアでご覧になっていただいた皆様のお蔭です。誠にありがとうございました。

特に若干場違いなXAC-1目当てに個人的に会場まで来て下さった多くのお客様に、社員一同大変勇気づけられました。
皆様のお声を少しでも反映し、より良い製品にして、来春の発売を目指したいと思います。

そのXAC-1ですが、秋葉原にあるトライアミューズメントタワー様のご協力で、5Fに試遊台を設置していただきました。
お近くの方は、是非実際に触れてみてください!
http://www.try-inc.co.jp/tower/


自宅で"本物"に近いゲームをプレイしたい!
20年以上前の移植作品から想いは同じです。

ブレてるようでブレてないマイコンソフトを今後ともよろしくお願いいたします!

今年もCEATEC2012に出展いたします!

ファイル 49-1.jpg
ファイル 49-2.jpg
ファイル 49-3.jpg
ファイル 49-4.jpg
ファイル 49-5.jpg

マイコンソフトは、10月2日~10月6日の期間、幕張メッセで行われるCEATEC JAPAN 2012に出展いたします。
例年以上に電波新聞社ブースの一画を占拠し、周辺機器の展示とデモをしております。

展示内容は
PCI-Expressx1(ロープロファイル対応)で1080p/60fpsのキャプチャーが可能になったキャプチャボード「SC-512N1-L/DVI」。

USB3.0接続で1080p/60fpsのキャプチャーが可能な外付けユニット「XCAPTURE-1」。

どちらもソフトウェア圧縮方式を採用し、”特殊な解像度の入力”に対応していく予定です。
※ハードウェア圧縮方式では標準的な解像度しか受けられない為、弊社は敢えてソフトウェア圧縮方式で突き進む事となりました。
どちらも単体でスルー出力にも対応している為、リアルタイムにモニタリングしながら、キャプチャーすることが可能です。

そして以前より水面下で進められていた、ゲーム好きのゲーム好きによるゲーム好きの為のパソコンデスク「XAC-1」の工場試作品をこっそり展示しております。
有限会社グレフ様のご厚意で、「アンダーディフィートHD」を使ったデモを行っております。
http://www.grev.co.jp/

「XAC-1」のモニタ回転機構を使って、フルHD横画面&縦画面シューティングをご体感ください。

マイコンソフトは再び、モニタ縦置き問題に挑戦してまいります!

他にも数々の「Xなんたら-1」を展示しておりますので、会場にお越しの際は、是非電波新聞社ブースまで足をお運びくださいませ。

ASCIIフェスとFRAMEMEISTERファームアップ

ファイル 48-1.jpg
ファイル 48-2.jpg
ファイル 48-3.jpg
ファイル 48-4.jpg

6月17日にベルサール秋葉原で行われたアスキーメディアワークス社主催の「夏のASCIIフェス2012」に機材協力をさせていただきました。

アスキーミュージアムブースにてレトロPCの実機を展示したいとのことで、MSXには「XRGBシリーズ」、PC-88とX68Kには「XPC-4」を提供して、一般的な液晶モニタに旧機種を接続し、日本ファルコム社の名作を体感できるというコーナーになっていました。

来場された方も、そうでない方も、会場の様子は「ASCII.jp」様のページで紹介されていますので是非ご覧ください。
http://ascii.jp/elem/000/000/703/703004/

写真提供/ASCII.jp様

上記イベントは機材協力のみでしたが、その間にFRAMEMEISTERのファームアップを行い、本日より新機能の追加と、いくつかの問題点を修正したβファームウェアを公開しております。

その中でいくつかの新機能をご紹介します。

☆CLASSIC_MODE機能
映像の周囲を丸めて輝度を落とし、簡易的にブラウン感を再現するモードです。
描画時に簡単な計算で表現している為、決して写実的ではありませんが、疑似スキャンラインモードと組み合わせる等してお楽しみください。

☆DIVIDE_ZOOM機能
画面を4分割してその一部をズーム表示するモードです。
1つの映像ソースをROOTY HD等で分配し、4台のFRAMEMEISTERで4台のモニターに「左上」「右上」「左下」「右下」を拡大表示することで、ビデオウォールのようなサイネージが可能になります。

☆REVERSAL機能
一部の業務用機器などで色情報が反転しているような場合に使用する機能です。(それ以上は詳しく聞かないでください。)

他にも設定を記憶しない問題の改善など、様々な修正点がございます。β版ですので使用上の注意をよく読んでお試しください。

FRAMEMEISTERが一皮むけました!

ファイル 47-1.jpg
ファイル 47-2.jpg
ファイル 47-3.jpg
ファイル 47-5.jpg

はいさ~い!
沖縄から帰ってまいりました。担当Oです。

私がオリオンビールでタプタプになっている間に、FRAMEMEISTERを大幅パワーアップさせるβファームウェアを作成してもらいました。

●PAL入力&出力に対応しました!

入力
 ビデオ :288p(50p)/576i(50i)
 Sビデオ:288p(50p)/576i(50i)
 D端子:288p(50p)/576i(50i)/576p(50p)/720p(50p)/1080i(50i)/1080p(50p)
 RGB:288p(50p)/576i(50i)

出力
 HDMI:576p(50p)、720p(50p)、1080i(50i)、1080p(50p)

PAL→PAL、PAL→NTSC、NTSC→PALなど、入力や出力にPAL機器を接続可能になります。

※PAL対応に関しては、実機での検証は十分とは言えません。導入には十分ご注意ください。

●「SMART位置」を「特殊表示位置」として機能変更しました。
位置調整は「左上」「右上」「左下」「右下」から「左上」「右上」「左中央」「右中央」となり、
スクリーンモードがスマート×1、2でないとき(標準)でも動作するようにしました。

ワイドモニターをピボットして縦シューをプレイする時にゲーム画面を快適な高さに調整したり、ウォリア○ブレード等の2画面タイトルをワイドモニターを並べてプレイする際に画面を寄せたりするのに便利な機能です。

●アナログRGB信号入力を強化しました!

今まで規格外の信号に弱かったFRAMEMEISTERですが、アナログRGB入力マージンを大幅に強化する事に成功しました。
これにより、今まで映らなかった業務用機器も映ってしまうかもしれません。
また、新機能「同期LEVEL」で同期信号に対する同期レベルの調整が可能になりました。

※XRGB-3と比べ、映る基板は驚くほどすんなりと映ります。ピンときた方は是非お試しくださいませ。

※Blogをご覧の熱心なユーザーの皆様にβファームウェアを是非ともお試しいただきたい為、ダイレクトショップの販売価格をお安くしました。
http://www.micomsoft.co.jp/shop/xrgb-mini.html
ハンバイブニナイショダヨ

ミツカリマシタ…

最速!XRGB-mini FRAMEMEISTER発進!

ファイル 46-1.jpg
ファイル 46-2.jpg

史上最速(当社比)のスキャンコンバーター「XRGB-mini FRAMEMEISTER」がいよいよ発売されます。

MARVELL社の高性能スケーラーを搭載し、低遅延モードでは入力から出力まで0.1フレーム未満、実質遅延ゼロでのスケーリングを可能にした、ゲーマー向けの製品です。
今までのXRGBシリーズもゲームプレイを意識した設計をしておりますが、XRGB-3で1.2フレーム程の遅延がありました。それに対して1フレーム以上のアドバンテージがあることになります。

詳しくは製品ページをご覧ください。
http://www.micomsoft.co.jp/xrgb-mini.htm

また、以前にお知らせした通り、本年度でマイコンソフト独立20周年でございます。もう12月になってしまいましたが、ダイレクトショップにて記念キャンペーンを開始させていただきました。

大人の事情でなかなか割引できないダイレクトショップですが、20周年&限定ということで、期間中は通常よりお安く購入することが可能になっております。

さらに、期間中にダイレクトショップで周辺機器(サポート品除く)を購入されたお客様を対象に、新製品FRAMEMEISTERを始めとした豪華賞品と、電波新聞社倉庫に眠る掘り出し物が当たるプレゼントキャンペーンも実施いたします。
http://micomsoft.co.jp/shop/index20th.html

キャンペーン商品&賞品は、後日追加される可能性もございますので、中の人っぽい人物のつぶやきにご注目ください。

それでは、マイコンソフトを今後ともヨロシクお願い申し上げます。

♪ミニとCEATECとInterBEE~

ファイル 45-1.jpg
ファイル 45-2.jpg
ファイル 45-3.jpg
ファイル 45-4.jpg
ファイル 45-5.jpg

大変遅くなりましたが、CEATEC JAPAN 2011にご来場いただき、誠にありがとうございました。

マイコンソフト/電波新聞社ブースでは、こんな展示をしておりました。

・FRAME MEISTERの実機デモ
業務用MVS基板をXSYNC-1で2分配し、「FRAME MEISTER」とXRGB-3に入力し、2台の同じTVに出力して比較できるデモを行いました。
また、フレームカウンターを表示し、撮影する事で1フレーム単位の違いを体感していただきました。

・キャプチャ製品の参考出品
FRAME MEISTERの陰に隠れておりましたが、SC-500N1の上位互換製品「SC-510N1」と、「USBキャプチャユニット」の試作品を参考展示しておりました。
SC-500N1(SC-510N1)のプレビューは意外と高速、USBキャプチャのスルー出力は遅延ゼロ!というデモだったのですが、上手く伝えられなかったように思います。
次回InterBEEでは、もっと分かりやすい展示をさせていただきます。

期間中マイコンソフトからも交代でブースに立たせていただき、様々な方とお話させていただきました。
毎回来てくださる方、長年のユーザー様、ベーマガ同窓生の方々、中でも、初日~二日目とお話させていただいた、西川善司さんが、4Gamersに大変詳細な記事を掲載してくださいました。
(この場を借りて素晴らしい記事ありがとうございました。)

AV誌に載らないCEATECネタ。
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20111027070/


そのFRAME MEISTERですが、間もなく生産開始の今も、ファームウェアはギリギリまでデバッ…進化しております!

海外ユーザーから要望の高い、スキャンライン表示モード(疑似)もその一つです。
昔懐かしい雰囲気が出ているでしょうか?

これらの機器は、11月16日からのInterBEEでも展示する予定です。
今回ご来場できなかった方も是非お越しくださいませ。

マイコンソフトからの重要?なお知らせ!

ファイル 44-1.jpg

☆サポートからのご報告☆
リモコン等を紛失されたお客様のサポートを迅速に行う為、一部サポート品をダイレクトショップにて販売開始致しました。
営業日であれば、最短で即日の出荷が可能になります。
※ACアダプタの故障と思われる場合、一度サポートにご相談いただく事をお勧めします。

☆SC-510N1に関する良くあるお問い合わせの件☆
発売日、価格は?
現在はまだ試作の段階で、発売日、販売形態共に未定です。
CEATEC等ので展示会での反響次第といった感じです。
いずれにせよ、PCI-Express x 4対応、要求スペック、価格など、SC-500N1より少々敷居の高い、どうしても1080/60pが必要なお客様向けの特殊な製品になります。

☆マイコンソフト20周年でした!☆
電波新聞社のマイコンソフト開発室から、マイコンソフト株式会社として大阪で独立分社化して、来月で20周年を迎えるようです。
つまり、今年はメモリアルイヤーだったようです。
これも皆様のお蔭です。本当にありがとうございます。

もうすぐ10月ですが、気付いたからには、皆様のご愛顧に感謝を込めた何らかのアクションを…と考えております。

今後ともマイコンソフトと電波新聞社をヨロシクお願い申し上げます。

CEATEC JAPAN 2011出展のご案内(一部更新)

ファイル 43-1.jpg
ファイル 43-2.jpg
ファイル 43-3.jpg
ファイル 43-4.jpg

マイコンソフトは、10月4日~10月8日まで幕張メッセで行われるCEATEC JAPAN 2011に出展いたします。
例年通り電波新聞社ブースの一画を占拠し、周辺機器の展示とデモをしております。

今年の目玉は、やっと実機が登場の「XRGB-mini FRAME MEISTER」です。進行に遅延や誤字、時には誤字もございましたが、その分遅延最少のスキャンコンバーターに仕上がっております。※当社比

他にも、PCI Express x4対応で1920*1080/60fpsに対応した上位機種SC-510N1、USB2.0接続のハードウェア圧縮キャプチャユニット等々、製品化検討中の機器を何点か参考出品しております。

開発からも最低一人はブースに立つようにしておりますので、ご来場の際は是非お声かけくださいませ。

ページ移動