記事一覧

マイコンソフトキャプチャーカード

ファイル 29-1.jpg
ファイル 29-2.jpg
ファイル 29-3.jpg
ファイル 29-4.jpg

※3月11日に発生した東北関東大地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 マイコンソフトでは、コンポーネントビデオ、アナログ/デジタルRGBの入力に対応した、ソフトウェアエンコードタイプのHDキャプチャーカードを企画しております。
コンポーネント入力に加え、音声対応DVI端子(ほぼHDMI)、アナログRGBに対応した、汎用性の高いキャプチャーカードになる予定です。

■対応機種
PCI-Express x 1に対応したWindowsマシン

■主な対応解像度
 コンポーネントビデオ信号
 ビデオ解像度:D1~D4

デジタルRGB+デジタル/アナログ音声
 ビデオ解像度:D3~D5※        ※D5は24Hzのみ
 PC解像度:800x600、1024x768、1280x1024、1440x900

アナログRGB
 ビデオ解像度:D1~D4
 PC解像度:800x600、1024x768、1280x1024、1440x900

 これだけでも、家庭用としては希少なRGB対応キャプチャーカードなのですが、アナログ15KHzの入力にも対応している事を利用し、マイコンソフトならではの同期分離ユニットを組み合わせることで、旧型ゲーム機などのAVマルチ入力に対応させました。

■マイコンソフト同期分離ユニット
 セパレート同期にしか対応していないキャプチャーカードに、複合同期の信号を分離して入力するユニットです。このユニットを使用することで、旧型ゲーム機のRGB信号などを同期分離してキャプチャーしつつ、スルー出力をブラウン管モニタに接続することで、遅延を気にすることなく、プレイ動画のキャプチャーが可能です。

 全てのゲーム機対応!とは言えませんが、スーパーファミコンやPlaystation、SEGAサターン等の旧型ゲーム機や、一部の業務用基板を直接キャプチャー可能です。
弊社スキャンコンバーターと組み合わせることで、様々な機器に対応可能です。

このキャプチャーカード製品を、段階を踏みつつ製品化を進める事になりました。

SATAGE1:試作品のモニターテスト(←今ココ)
 数名の旧型ゲーム機愛好家の方達に、試作品とβソフトを貸与して評価していただきます。今週~来週にかけて打診し、了承を得られた方から順次発送いたします。モニターに選ばれたお客様には、1~2週間程度製品を評価していただき、その使用感などを報告、またはBlog、SNS、Twitter等で発信していただきます。

STAGE2:ダイレクトショップでのモニター販売
 上記と並行して少数生産を行い、ダイレクトショップ限定でバルク品を販売いたします。低価格人柱版になりますが、マスプロダクト品と同等のサポートを致します。
 
STAGE3:STAGE1~2でお客様の反応が良ければパッケージ化を検討。
 キャプチャーカード本体はパッケージ化された一般流通品となりますが、同期分離ユニットに関しては少々特殊なため、当面はダイレクトショップと一部の販売店様のみで販売する予定です。

 STAGE2の開始は、当ページとダイレクトショップにて発表いたします。

※また、SELECTY21の再販ですが、着々と進んでおります。発表は今しばらくお待ちくださいませ。

※私個人も身近な者が被災し、日本全体が大変な時期ですが、今後ともマイコンソフトをよろしくお願いいたします。