記事一覧

マイコンソフトがある時!

ファイル 41-1.jpg
ファイル 41-2.jpg

☆みんなのかんがえたXRGBをおくってね!☆

XRGB-miniのデバッグも最後の大詰めとなり、赤い顔や青い顔をしているプログラム担当者やデバッグ担当者を尻目に、涼しい顔のハードウェア担当者と次期XRGBシリーズのアンケートページを設置いたしました!

その名も「XRGB-ツクール」!
http://www.micomsoft.co.jp/xrgb-x.htm
入出力端子を設置しながら、理想のXRGBを作る事が出来ます。

miniをFIXして涼しい顔をしているハードウェア担当者に、愛の鞭で愛の目覚めをお願いします。


☆SC-500N1のある時!☆

アーケードゲームの録画や配信をする場合、今までは複数の機器を組み合わせる必要がありました。

SC-500N1とXSYNC-1を使う事で、多くのアーケードゲームを比較的シンプルなシステムでキャプチャ可能になります。

とは言え、一筋縄では行かないのがアケ基板道…。Rev.の違いやコントロールボックスの製造ロットが違うだけで、映ったり映らなかったりする基板も少なからず存在します。

その為の情報交換の場をSC-500N1製品ページ内【特殊機能】に設けさせていただきました。
涼しい顔したハードウェア担当者と一緒に、皆様のご報告をお待ちしております。


【重要】モニターパックを購入された皆様へ
ハードウェアアップデートのご案内を7/28の19時ごろに送信させていただいております。返信期日は8月中となっている為、サービスご利用を希望で、まだ返信をされておられない方はお急ぎくださいませ。
※今回の返信によらず、9月に予定しているアップデート第二弾のご案内は全てのモニターユーザーの皆様にお送りさせていただきます。

(一番涼しい顔をしているWEB担当者)

SC-500N1/DVI 店頭デモ中!?

ファイル 40-1.jpg
ファイル 40-2.jpg
ファイル 40-3.jpg
ファイル 40-4.jpg

SC-500N1/DVIを組み込んだ録画パソコンをとある場所でデモしています。場所は…パソコンショップではありません。実はゲームセンターです!

SC-500N1/DVIは、アーケードゲームの録画にも最適ですが、今回お店のご協力のもと、SC-500N1/DVIを組み込んだ録画パソコンを設置させて頂きました。

場所は、大阪府高槻市にあるゲームセンター「メディアパーク リブロス高槻店」です。お店では実際に画質を確認したり、HDDを持ち込んでプレイ映像を録画することができます。

メディアパーク リブロス高槻店 公式ページ
http://leebrostakatsuki.web.fc2.com/

使用したパソコンのスペックは以下の通りです

マザー:ZOTAC Z68ITX-WiFi
CPU:Intel Core i7 2600K
メモリ:8GB
O S:Windows7 Ultimate 64bit
ケース:SilverStone Sugo SST-SG05B-B
HDD:裸族のお立ち台USB3.0(CROSU3)

現在接続されているシステム
TAITO TypeX2 VGA-mode

「メディアパーク リブロス高槻店」は、阪急高槻市駅から徒歩5分、最新ゲームに加えてオールドゲームも多数取り揃えています(シューティングゲーム率高し!)。2階は1プレイ\50。ぜひ、遊びに来て下さい!とのことです。

※録画パソコンを操作される場合は、お店の方に一声かけてから操作してください。
※ゲーム画面は実際に録画した動画データから切り出したものです。

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II © ARC SYSTEM WORKS

XSYNC-1ついに販売開始!

ファイル 39-1.jpg
ファイル 39-2.jpg
ファイル 39-3.jpg
ファイル 39-4.jpg
ファイル 39-5.jpg

大変お待たせしておりました、SC-500N1用同期分離ユニット「XSYNC-1」がついに生産完了し、間もなく入荷いたします!

完成と発売を記念して、ダイレクトショップにてお得な限定セットをご用意しております。

また、モニターセットご購入者の方に、「新XSYNC-1」特別販売と「SC-500N1」HDMI端子アップデート(無料)のご案内をメールさせていただきました。
※良く似た名前の某社のせいで、不本意ながら弊社の方がバッタモン扱いで迷惑メールフォルダに入ってしまうケースが少なからずあるようです。そちらもご確認くださいませ。

「XSYNC-1」および、「XSYNC-1」特別セットの発送は、8月5日頃を予定しております。
「XSYNC-1」は、なぜか限定再生産SELECTY21よりも少数生産ですので、お急ぎの方はこの機会を是非ご利用くださいませ。


オマケ

※写真2、3
「SC-500N1」のドライバもまだまだ更新中です。
安定化の為封印していた、複数差し・複数キャプチャーに対応予定です。

※写真4
某社の依頼で、東京本社資料室でベーマガのバックナンバーを調べておりました。
80年代後半は斉藤由貴さんと南野陽子さんでイッパイでした。

※写真5
FRAME MEISTER試作品

※私は斎藤由貴さん派でした。

SC-500N1発売日決定!

ファイル 38-1.jpg

RGB入力対応のHDキャプチャーカード「SC500N1」の発売日が決定いたしました。

発売日は6月21日、6月16日よりダイレクトショップにて受注を開始する予定です。

このキャプチャーカードは、コンポーネント、デジタル/アナログRGBの入力に対応しており、後日発売予定の同期分離ユニット「XSYNC-1」を組み合わせる事で、旧型ゲーム機の入力にも対応しております。

また、先日販売したモニターパック時に加え、いくつか変更点がございます。

・HDMI端子搭載!
元々DVI端子からHDMI信号の入力に対応しておりましたが、XSYNC-1を必要としないユーザー様からの要望があり、素直に実装することになりました。

・24kHzアナログRGBの入力に対応!
24kHz=主にPC-9801等の入力に対応したモードを搭載しました。
PC-9801向けにチューニングされていますが、他にも何か映るかもしれません。

旧型ゲーム機をRGBキャプチャーしないお客様は、こちらの
単体パッケージをお買い求めくださいませ。

※6月16日に、予約開始とともに、製品ページを更新する予定です。

☆余談☆
そんな中、マイコンソフトと電波新聞社は、テレビ朝日系列のTVドラマ、「アスコーマーチ」の撮影に協力することになりました。

「アスコーマーチ」と「マイコンソフト」と、ロゴが何となく似ているから声がかかった訳ではありません。

「アスコーマーチ」は、男子ばかりの工業高校に入学したヒロインの女の子を、小太りのヒゲオヤジが走って飛んで救出する横スクロールアクションドラマで、救出(脱出?)する為に製作中のエコカーの操作部に、弊社XE-1APが採用…された訳ではなく、電気配線の授業の小道具として、電波新聞社の書籍と、弊社の材料や工具が採用されました。

それ以上の内容は書けませんので、6月26日23時より、テレビ朝日系列で放送予定の「アスコーマーチ」第八話を是非ご視聴くださいませ。(特にエンドロール部を…)

SC-500N1とXSYNC-1はまだまだ進化中です!

ファイル 37-1.png
ファイル 37-2.png
ファイル 37-3.png
ファイル 37-4.png
ファイル 37-5.png

好評のうちに(一瞬で)終了したSC-500N1とXSYNC-1のモニター販売ですが、無事に製品化も決定し、パワーユーザーの皆様の意見を元に、さらなる進化?を遂げつつあります。

SC-500N1に関しては、音声ドロップの問題や、XSYNC-1と組み合わせて特殊な解像度を入力した時の問題の修正に加え、新たに24kHzの周波数にも対応いたしました。

XSYNC-1に関しては、大幅に設計変更しており、SC-500N1との接続端子がミニD-SUB15ピン、その横にパイロットランプ、底面に同期分離IC切換SWを搭載…等々、完全に別物になってしまいました…。
この同期分離ICを切り替える事で、対応する業務用基板が大幅に増加します。するはずです。

参考までに、追加機能のキャプチャーした画像を掲載いたします。

24kHz入力時は、PC-9801に合わせて最適化してあります。
その為、ズレたり欠けたりしてしまう業務用基板も、XPC-4を間に入れて補正をかけてから入力する事でフル画面をキャプチャー可能な場合もあるようです。

また、せっかく映るようになったPC-9801ですが、SC-500N1はYUV系で映像を記録する為、相性が良いとは言えません。
美しい静止画が必要な場合、XPC-4の映像ツールでキャプチャーした方が、より忠実な画像を取り込む事が可能です。

販売スケジュールですが、先にSC-500N1を販売開始し、少し遅れてXSYNC-1を販売する予定です。
モニターパックが購入できなかった方は(購入された方も!※)新しいSC-500N1とXSYNC-1にご期待ください。

※モニターパックを購入していただいた50名の勇者の方々には、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアの差分もフォローさせていただきます。

※最新ドライバをモニターページにアップいたしました。
http://www.micomsoft.co.jp/sc-500n1.htm

お問い合わせ先
micom_support@マイコンソフト.co.jp
※半角記号英文字にしてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ