記事一覧

それ!もしかしたら遅延かもしれませんね…。

ファイル 36-1.jpg
ファイル 36-2.jpg
ファイル 36-3.jpg

申し訳ありません、遅延していたのは我々でした…。(誤字も…)

長らくお待たせしているXRGBシリーズの新製品=FRAME MEISTERの最終基板が上がってきました。
(写真の基板はまだ入魂されていません。)

FRAME MEISTERでは新たな試みとして、AVアンプやBlu-rayプレイヤー等で使われている高性能スケーラーを採用し、一般的な入力に関しては、XRGB-3より遅延の少ない素直な画質でアップスキャン可能なモードを備えています。
後は、付属の21ピン変換ケーブルでついつい入力されてしまいそうな、旧型ゲーム機や業務用基板等にどこまで対応できるか…。

XRGB-3との違いが気になる方もおられると思いますが、無理矢理コーヒーに例えると…

FRAME MEISTERは、吟味した豆を買ってきて入れたコーヒー。
XRGB-3は、豆を栽培するところから作ったコーヒー。

低遅延、D5入力、HDMI出力など、最新?規格に対応した前者。
ゲーマーのゲーマーによるゲーマーの為の自家製FPGAを搭載した後者。
皆様のお口に合うのはどちらでしょうか?

※マイコンソフト製品ですから言うまでも無く、FRAME MEISTERもゲーマーのゲーマーによるゲーマーの為のスキャンコンバーターです。
※誤字のご指摘ありがとうございます。こっそり修正しました。

コメント一覧

碧龍 2011年05月20日(金)20時00分 編集・削除

言ってるそばからw
FARME ってw
期待してますよ!

茜翠葵 2011年07月31日(日)18時21分 編集・削除

XRGB-3の後継機を待ちわびていましたが、
HDMI搭載、低遅延とのことで、発売が
とても楽しみです。
もし、機能が追加できるような仕様に
なっているのでしたら、解像度の高い
ディスプレイ接続時に
「入力された映像を右(左)90度回転させて出力」
「低解像度で入力された画像の拡大率を任意で選べる」
ような機能の搭載もぜひお願いします。

超期待 2011年10月28日(金)16時37分 編集・削除

超期待して待ってます。
機能要望としては、

1.15khz、24khzの31khzへのアップスキャン
2.15Khzでノンインターレース入力時にスキャンラインを表示する機能
3.インターレース画像をプログレッシブ化せずにインターレースのまま表示する機能
4.出力映像のクロップ機能
5.4でクロップ処理後の映像を中央に表示する機能
6.プリセットで簡単に設定を切り替えられる機能

XRGB-3で既に実現されてる機能もありますが、ぜひ踏襲して盛り込んで欲しいです。

未承認 2015年04月11日(土)18時58分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2015年05月28日(木)12時07分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2015年09月14日(月)19時59分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2017年07月26日(水)21時45分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2018年09月12日(水)09時02分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー